システム開発リース事業
システム開発
リース事業

経営の課題を的確に分析し、システム開発にフレキシブルに反映します。

システム開発のエキスパートがパートナー様の課題を的確に分析し、課題明確化から設計立案、開発までノンストップで対応します。
新生ビジネスパートナーズのコンサルタントは、IT資格のみを保有した一般的なコンサルタントではなく、ジェネラリストとして活躍します。
システム開発を行うと同時に経営の課題を解決するために、MBA・中小企業診断士資格などを併せ持った人材が
トータルで貴社の課題解決に向けてのご提案を行います。

  • 1.経営課題の把握
  • 2.業務の再設計
  • 3.システムの開発

1.経営課題の把握

自社の業務スタイルにシステムが沿っていない。
具体的な例 システム開発部門とシステム利用者である現場・営業とのコミュニケーションからシステムの仕様にギャップがある。
規制のパッケージソフトを使用しており、一部自社の業務に対応していないために、業務管理が一元化できない。
カスタマイズを検討したが、高額な費用を提示されたため導入を見送っている。
プル型でプッシュ型ではない
具体的な例 プル型(検索型)なので管理のタイミングがオペレータに依存されてしまうため、業務にタイムラグが発生する。
情報が書き換わるとシステム側からアラートされる様な、プッシュ型に改善する必要がある。
検索条件が複雑で、システムを使い慣れたオペレーターしか使用できない。
モバイル対応できていない
具体的な例 スマートフォン・タブレット端末での操作が困難。
操作環境や、使用端末が限られているため、業務効率が悪く、営業マンが深夜までパソコンを操作しなければならない。
端末で情報の持ち運びができないため、未だに行動管理や実績管理が紙ベース。
セキュリティが万全とは言えない
具体的な例 スマートフォンやタブレットにより持ち出す情報の管理ができていない。
オンラインストレージによるデータ流出のリスクがクリアではない。
ISOやプライバシーマークが取得できるレベルのシステムではない。

ページトップへ

2.業務の再設計

最適なシステムを開発するために、事業の詳細な分析、内部業務についてのインタビューを行います。
調査内容を基に経営課題をまとめパートナー様にとって最も適した業務改善案を協議します。
具体的には、各組織の役割や責任範囲などの再定義から、組織の設定、各種帳票の見直しを行い業務のプロセス策定などパートナー様にとって最適な改善案をご提案致します。 業務の再設計業務の再設計

ページトップへ

3.システム開発

通常開発の場合

通常開発の場合

パートナー様の要望をお伺いしたうえで、経営課題などを同時にクリアできる最適なプランをご提案致します。
システム開発についての開発項目をまとめ、オリジナルのシステムを開発するために必要な費用をお見積りとして提出致します。

システム開発

リース型開発の場合

リース型開発の場合

パートナー様のご要望に沿ったシステムを開発致しますが、完成したシステムを著作権を含め当社が買い取り、パートナー様にリース契約として毎月の利用料のみでご提供致します。初期の開発費用を抑えることが可能になると共に、当社にシステムの著作権があるため、当社権限でシステムのバージョンアップが自由に行え、バージョンアップデータをパートナー様に低価格で提供することが可能になります

リース型開発の場合

ページトップへ